日焼けをした後シミ・シワを防ぐためのスキンケア・インナーケア方法まとめ

夏楽しいイベントがたくさんがありますが、忘れてはいけないのは日焼け止め。

ちょっとの時間でも日焼け止めを塗っていないと赤くなったり熱をもってしまいます。

それだけではなくあとからメラニンが生成されてシミになってしまうとこれが厄介です。

私は一度塗り忘れたことがありしばらく赤みやヒリヒリがひかなくて服をきたりねがえりうつのにも一苦労しました。

日焼けをしてしまったとしても諦めてはいけません。その後のケアが重要です。

そこで今回は日焼け後に行ったほうがいいスキンケア・インナーケアをご紹介します。

日焼けをしたらすぐにやったほうがいいこと

04ec68187e42fa07cbd167b1b9f15e39_s

日焼けはやけどと同じなのでなるべく早めの応急処置が必要です。

すぐに冷やす!


外にいる場合はコンビニで冷たいペットボトル飲料や氷など冷たいものを買ってすぐに冷やしましょう。

日焼けは肌に炎症が起きている状態なので冷やすことが大切です。

ヒリヒリした赤みやほてりを少しでも早く抑えましょう。

とにかく保湿

日焼けをしたあとは肌が敏感で乾燥しがち。

化粧水やジェルなどでたっぷり保湿することで肌の状態が整います。

その際に火照っている時に保湿するのはNG。

敏感肌になりすぎて美容成分が刺激になることもあるので必ず冷やして肌のほてりが冷めたら保湿しましょう。

このときコットンはNG。日焼けで敏感になっているので荒れてしまう可能性があります。

ハンドプレスでたっぷり丁寧にゆっくり保湿しましょう。

こちらはユリアージュウォーター。アトピーや術後の傷の治療にも使用されるフランスの温泉水です。ミネラルが豊富にはいっています。

日焼けが少しおさまったら美白ケアへ

炎症がおさまったら美白専用のスキンケア化粧品を使ってケアを行いましょう。

美白効果が高いビタミンCやビタミンAを肌に補給させることでシミや乾燥を防止することができます。

肌も黒くならず明るい肌を目指すことができるのです。

なので、日焼け後は美白化粧品のライン使いすることがおすすめです。

体の中から日焼けケア

外からだけではなく中からも日焼け後のケアが必要になります。

ビタミン豊富な緑黄色野菜を食べる

ビタミンをとることで肌の内側からケアすることができます。

特にビタミンCは色素沈着を予防してくれるので多く摂取したほうがいいでしょう。

この時期なら夏野菜がおすすめです。特にトマトに含まれるリコピンは肌に良いといわれています。

質のいい睡眠をとる

しっかりと睡眠をとることで壊れた肌細胞が修復方向に向かいます。

たくさん寝ればその分肌が整うといってもいいでしょう。

逆に睡眠が不足していると修復する時間が少なくなるので美肌から遠ざかってしまいます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です