スノボ・スキーでの雪焼け防止対策!冬におすすめの日焼け止めまとめ!雪焼け後のケアも紹介

紫外線は夏多いイメージなので冬は日焼け対策を怠りがちですが、冬でも紫外線が多いので要注意。

特に注意したいのがスキー場での雪焼けです。

雪焼けは夏のビーチでの日焼けよりも強く上からも下からも浴びるので日焼けの跡が残りやすいといわれています。

そこで今回は雪焼け対策に役立つアイテムをご紹介させていただきます。

雪焼けとは?

1b315f01cfff202e59522129ae7201fd_s

雪焼けとは雪に反射した日光を浴びて日焼けすることです。

反射した日光にも当然紫外線があるので日焼け止めを塗らなければ紫外線を浴びてしまいます。

また、夏の日焼けとは違って雪焼けは綺麗に焼けないので肌にムラがでてしまうことも考えられます。

上からも下からも紫外線を浴びることになるので冬の日焼けはなかなか手強いのです。

雪焼け対策アイテム

日焼け止め

定番ですが、日焼け止めは必須です。

雪は太陽を反射させるのでゲレンデにいると紫外線をいつもの倍以上浴びることになります。

日焼け止めを塗っておけば紫外線をカットできるのでまず安心です。

選ぶ紫外線はSPFとPAが強いものがいいでしょう。

スポーツをしていると汗をかきやすいし、塗り直す時間もとりにくいです。

SPFが強ければ強いほど日焼けが始まる時間を伸ばすことができます。

シミやたるみの原因となる紫外線A波を防止する数値を表すPAも強いほうがおすすめです。

顔はもちろんですが、首や耳の裏も忘れずにぬっておきましょう。

髪の毛の日焼け止めも忘れずに

意外とわすれやすいのが髪の毛です。

髪の毛は日焼けすると乾燥しパッサパサの髪質になります。

ごわつき・広がりがひどくなるので髪の日焼け止めは必ずしましょう。

髪ならスプレータイプや日焼け止め効果のある洗い流さないトリートメントがいいでしょう。

ゴーグルで目の日焼けを防止

雪に反射した日光からでる紫外線で目も日焼けしやすいのでゴーグルをかけるようにしましょう。

ゴーグルをかけることで目にはいる紫外線を防ぐことができるので必須です。

こちらは有害な紫外線を99.9%カットするゴーグルです。

メガネを着用しながら装着できるので目が悪い人にもおすすめ。

フェイスマスクを装着しよう

日焼けをどうしても防ぎたいという方はフェイスマスクを装着しましょう。

日焼け止めと併用すれば日焼け・雪焼けをばっちり防ぐことができます。

こちらはUPF50+のラッシュガード素材でできたネックガードです。

紫外線を98%カットし、吸汗速乾なので長時間装着していても快適。

防虫効果もあるので虫も怖くありません。

オールシーズンつかえるので夏でも活躍してくれます。

雪焼けをしてしまった後の対策

日焼け対策をし忘れて雪焼けをしてしまったひとも、日焼け対策をして少しの雪焼けで済んだ人もその後のケアは必ず必要です。

まずは冷やそう

日焼けは火傷と一緒なので皮膚に熱を持っています。

まずはこの熱を冷ますためにしっかりと冷やしましょう。

冷水で顔を洗ったり、保冷剤を皮膚にあてたりしましょう。

たっぷり保湿

日焼けした肌は水分を失い乾燥しやすくなっているのでたっぷり保湿するのが大切です。

美白ローションを使いたくなりますが、まずは保湿が先決。

プチプラの化粧水でもいいのでたっぷりと皮膚に与えましょう。

コットンに化粧水をふくませてパックすると効果的です。

ハトムギ化粧水は皮膚のほてりをおさえてくれるので日焼け後のケアには最適です。

あとおすすめなのがアロエエキスを含んだ化粧品です。

アロエは日焼けや火傷の症状を沈静化させる効果があり保湿力も抜群。

特にこちらのアロインスはプチプラなのに、保湿力が抜群で肌もしっとりするのでおすすめです。

肌が落ち着いたら美白コスメを使って徹底的にケアをしましょう。

ビタミンCをとる



ビタミンCを摂取することでメラニンの生成を抑えることができ、シミやそばかすをふせぐことができます。

また、コラーゲンやエラスチンの生成をサポートするはたらきをするので肌にハリがうまれます。

レモンやイチゴなどの食べ物からビタミンを摂取するのが一番ですが、難しいという方はサプリメントで補うのがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です