バレンタイン 職場 義理チョコや大量に配るのにおすすめの人気チョコ 予算

val-syokuba

会社勤めやOLとしてたくさんの男性社員が働いているところで仕事をされている方は、暗黙の了解として義理チョコなどをバレンタインの日に配らないといけないという風習があるところが多いと思います。

私も勤めていたところがそのような風習があるところがあります。

どちらにしろホワイトデーの時に自分が渡した男性からお返しをもらうことができるので問題ないのですが、本命用のチョコも手作りのチョコも楽しまないといけないので、職場のバレンタインイベントを面倒だと感じる女性が多いようです。

そこで今回は職場のバレンタインを快適に済ませるための有効策を考察していこうと思います。

バレンタイン 職場 人気

職場の男性に渡すバレンタインギフトで人気があるのは、このような購入して家に届いた段階で綺麗にラッピングがされているものが人気のようです。
配る男性の数だけ確認して、人数分購入してそれが家に届けばそれで準備完了です。

価格も一つ400円前後とリーズナブルな価格なので、人数分購入したとしてそこまでお金もかからず便利です。
コンビニや量販店で人数分購入してそれで済ませる方も多いのですが、量販店のものだとかぶってしまうこともありますし、どこで購入したのかもわかってしまうのでできれば避けたいです。

このような職場用のバレンタインギフトを準備しておくことをおすすめします。

バレンタイン 職場 チョコ以外

最近は職場の男性へ配るバレンタインギフトは、チョコ以外のものを配る傾向が強いようです。
というのも、義理チョコばかりもらえる男性社員がうんざりしてしまうことが多いようで最近はこの商品のように、普段男性が好きそうな小物を袋に入れてラッピングし、それを渡すという女性が多いようです。

例えば…
・リポビタンD
・ミンティア、フリスク
・ありがとうのメッセージカード
・一口サイズのチョコ

というような組み合わせにして渡すと、手作り感も出て愛情がこもっている感じもして人気です。
たくさんの女性と男性がいる職場で働いている女性は、他の方が渡すものより一歩先をいったオリジナルギフトを包んでみてはいかがでしょうか!?

バレンタイン 職場 おすすめ

ではどういったバレンタイン商品が職場のバレンタインにおすすめなのか?
ということですが、働いている職場に本命がいるかいないかによって変わります。

本命や好きな人がおらず、ただただ義理チョコを消化するだけというのであれば、予算を決め、その予算から配る人数を割った数字で販売されているバレンタインギフトを購入するやり方がおすすめです。

バレンタインの時期になると、ハンズやデパートにボックスに入ったチョコレートを買いに行かれる方も多いですが、店頭の場合だと必要な数同じボックスで揃わない場合もありますし、価格も安いものは売り切れてしまっていることが多いです。
予算に合わせたギフトの価格を早いとこ決めてしまって、人数分を楽天やアマゾンで購入してしまうのがおすすめです。

バレンタイン 職場 本命

職場に本命の男性がいる場合はちょっと難しくなります。特に内緒にしたい場合などは大変です。
一人だけみんなと違うギフトを渡すのは、注目の的になってしまいますし、かといって同じだと本命だということを匂わすことができない。
という方は多いはず!

そこでおすすめなのが渡し方やタイミングを上手に切り替えていく方法が効果的です。
例えば本命の男性には、手紙を添えたり、朝一で渡しに行ったり、フェイントで前日に渡したり、「あれ?この子僕に気があるのかな?」と思わせることがポイントです。

職場の雰囲気や男性との距離感で一番適した方法を試してみるといいかもしれませんね。

バレンタイン 職場 義理

「いやいや本命なんていませんよ」という女性は逆の義理チョコをしっかりと準備しておくようにしましょう!
義理チョコなので、そこまでお金をかける必要もありませんし、数多く準備するのも簡単な時代になりました。

先ほども紹介したように、予算を決めてしまって人数でそれを割り一つにかけるバレンタインギフトの金額を決めてしまいましょう!

バレンタイン 職場 大量

最近はオフィスの中にたくさんの男性がいるという環境で働いている女性が多くなりました。
そういった女性はバレンタインの当日には大量に義理チョコを準備しないといけないので大変です。
渡さないというのも、評価が下がってしまいますし、かといって一人に渡してしまうと全員に渡さないといけないですし大変です。

そんな時は、こういったばらまき用のチョコレートが販売されていて、あらかじめ小分けにもされているので楽です。
価格も一つ150円前後とリーズナブルなので、20人に配るとして考えても3000円前後で準備ができてしまいます。

大量に準備が必要な方はぜひどうぞ。

バレンタイン 職場 手作り

よくネットや雑誌を見ていると、「職場の男性に手作りのチョコレートを配っている女性はどうですか?」みたいな文献を見ることがあるのですが、全然問題ありません。
男性の友達にもいろいろ聞いてみましたが、働いている職場でバレンタインに手作りのチョコをもらったら嬉しい!という人が全員でした。

気をつけなければいけないのは、周りの女性の目をどうするか?ですね。
男性からの評価はあがると思うのですが、周りの女性から「何あの子、でしゃばっちゃって」みたいな感じになると面倒くさいです。

そこらへんの空気感は崩さないように頑張りましょう!

バレンタイン 職場 チョコ

職場にバレンタインのチョコを配るという方は、チョコやクッキーで迷うことがあると思いますが、まだまだ人気があるのはチョコのようですね。
手作りをしようとしても、オーブンなしでも作ることができるチョコはまだまだ人気が衰えることもないでしょう。
楽天などの大手通販サイトでも、いろいろな職場用のバレンタインギフトが販売されているのでいろいろ見てみるといいかもしれませんね。

バレンタイン 職場 好きな人

職場に好きな人がいる場合はバレンタインのスイーツやお菓子を渡す時に「本命チョコだよ」というのに気づいてもらわないといけません。
あえてバレンタインの時期をずらすという方法もあるのですが、前日に渡したり、本命にだけメッセージカードを付けたり、朝一で渡したりと気づいてもらえる様々な方法があります。

個人的におすすめなのはやはり朝一で渡すことですね。
男性からしたらバレンタインで一番最初にもらったチョコレートが一番印象的なようですし、その日は少し早起きして渡しちゃいましょう!

バレンタイン 職場 予算

職場で配るバレンタインで気になるのは他の人がどれくらいの予算で準備しているかですよね。
義理チョコで完遂させるという場合は、多くの女性が3000円〜4000円の間で予算を組み立てる人が多いようです。

その義理チョコの予算に加えて本命の彼氏へのチョコや、家族や友達へのチョコの予算も加えると大体10000円ぐらいになるそうです。
自分用に購入される方も多いので、それを考えるとそれぐらいの予算になるのも納得できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です