卒園式に履くストッキングの色はマナーを守ろう!柄やラメはあり?デニール数は?

子供の卒園式にスカートスーツやワンピースを着て行く方が迷うのはストッキングではないでしょうか?

何色がいいのか?マナー的にタブーなものはないのか?など心配要素があると思います。

そこで今回は卒園式にふさわしいストッキングについてお話ししたいと思います。

幼稚園の卒園式 ストッキング マナー

卒園式というのはスーツだけではなく、ストッキングなどの細かいところにも気をつけなければなりません。

入学式はお祝いが強い式なので、ベージュなどの明るい色味のストッキングがいいでしょう。

それに対し卒園式、卒業式はお祝いの場でもあり、別れの場でもあります。

なので黒のストッキングを着用される方が多いです。

ただ卒業式にはシックなカラーのスーツを着用する方が多いです。

黒のスーツに黒のストッキングだとお葬式のような重さになってしまいます。

なので、黒やグレーのスーツならヌードベージュ、もしくはデニールが低い黒のストッキング(薄めのストッキング)がいいと思います。

卒園式コーデに黒ストッキングはあり?なし?

先ほども書いた通り、黒のスーツやワンピースに黒のストッキングはお葬式のようになってしまうので、お祝いの式にふさわしくはありません。

お葬式のようにならないようにするにはデニールの低いものを履きましょう。

そうすれば透け感もでて、重たくありません。

デニール数は20〜40デニールがいいと思います。

 

卒園式にベストなデニールは?

卒園式などのフォーマルな場では厚手のデニールよりも薄手のデニールのほうがふさわしいです。

脚も綺麗にみえますよ!

黒ストッキングなんかはデニールが違うだけで見た目が全然違います。

卒園式はシックなカラーのスーツを着る方が多いと思います。

シックなスーツに合わすなら、20〜40デニールの黒ストッキングにしましょう。

ベージュのストッキングを履かれる方は、20〜60デニールぐらいがベスト。

厚すぎるとマナーとしてよくありません。

素足はもってのほか。絶対にやめましょう。

卒園式の場にラメや柄のストッキングはあり?なし?

結論的に言えばなしに近いです。

大切な子供の特別な式です。

この場では上品さが大切。

あまりにも派手な柄やラメだと上品さがありません。

控えめなラメならありという声もありますが、マナーをしっかり守りたいなら普通のストッキングでいくことをおすすめします。

卒園式にふさわしいストッキングのまとめ

・マナー的に、デニールが高い厚すぎるストッキング、柄物、ラメものストッキングはNG。

・黒のストッキングはOKだけど、透け感をだしたほうがいい。(デニール低め)

・ストッキングを黒にするかベージュにするかは、合わせるスーツや靴のカラー次第。

 

マナーを守って、卒園式にいきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です