夏の疲労や夏バテ対策・予防の食事・生活習慣・グッズを紹介!

夏になると気温がグンっと上がるので疲れが溜まりやすくバテやすいです。

紫外線を多く浴び日焼けして皮膚が痛くなったり、肌のダメージからストレスを感じてしまったり、夜でも気温が高く寝苦しくなり睡眠不足から疲れがくるなど身体に負担がかかりやすいのです。

夏バテや夏の疲労は仕事効率も下がるので対策や予防を徹底しましょう。

夏バテになりやすい人の特徴

044895
  • 仕事で忙しい
  • 無理をしてしまう
  • PCやスマートフォン操作が多い方
  • 屋外にいることが多い方
  • 夜更かしする方
  • 運動不足
  • 冷え性
  • 偏食

これらに当ては余る方は注意が必要です。

夏バテの症状

070045
  • 倦怠感
  • 食欲不振
  • 夏風邪
  • 発熱
  • 吐き気
  • 胃痛
  • めまい
  • 頭痛
  • 便秘
  • 下痢

これらの症状がある場合対策と予防が必要です。

夏バテ対策・予防方法

クエン酸を積極的にとる

クエン酸には疲労回復効果があります。

こまめに摂取することで疲労回復につながります。

クエン酸を多く含む食材はレモンなどの柑橘系・梅干し・黒酢です。

レモン酢はクエン酸たっぷりだしドリンクだと摂取しやすいので疲労回復に適しているのでは無いでしょうか。

鶏胸肉を食べよう!

疲労回復にベストなのが実は鶏胸肉。

鶏胸肉にはイミダペプチドという抗酸化作用がある成分が豊富なので疲労を緩和させるのに適しています。

1日200gたべるのが疲労回復にベスト!

鶏胸肉を水から湯がいてスープを作って食べると効果的です。

腹8分目&咀嚼を意識する

461304

夏バテは食欲不振や胃痛を引き起こします。

胃に負担がかかると疲労も悪化してしまいます。

よく噛んでたべてることで消化されやすくなり胃に負担がかかりません。

また、よく噛むと唾液が増え、唾液に含まれる消化酵素ペルオキシターゼが疲れの要因であるあ活性酸素を除去してくれます。

質のいい眠りをたっぷりとる

147737

睡眠はとっても大切。沢山寝て疲れをとることで疲労が軽減され夏バテ防止につながります。

しかし、質が悪い眠りだと疲労がたまってしまいます。

寝るときはエアコンを27〜28度に設定して寝て布団をかぶって寝ましょう。

そうすれば快適な眠りにつけます。

また、冷却敷パッドを敷くことで汗を吸収し蒸れを防ぐので寝る時快適です。

ニトリのNCOOLは抗菌防臭で洗濯もOKなのでお手入れが楽チンです。

 

サングラスをする

サングラスをすることで目に入る紫外線を避けることができます。

紫外線は活性酸素を発生させる要因になるのでさけることで疲れにくくなるのです。

マラソン選手や野球選手がサングラスつけるのも疲労軽減になることからと言われています。

適度な運動をする

441302

運動することで血行がよくなり老廃物も流れやすくなります。

激しい運動よりもヨガやストレッチなど気持ちいいと感じる軽度な運動がいいでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です