不眠症の方必見!疲労回復のための快眠グッズご紹介!アイマスク・アロマなど

最近ちゃんと眠れていますか?

睡眠が健康な体を作ると言っても過言ではないぐらい、睡眠は大切です。

ただ、眠ればいいというわけではなく、眠りの質が悪ければ次の日まで疲れが残ったり、体調不良に繋がります。

そこで今回は疲労回復できる快眠グッズをご紹介します。

 

快眠することでどんないいことがあるか?

cc6cb8d6e23efb5deb4231271e4aa88a_s

まず、質の高い睡眠(快眠)をとることで自分にどんないいことが待っているか知っておきましょう。

集中力アップ

快眠することで脳がすっきりし次の日の仕事もしっかり集中することができます。

仕事をこなす量も増えますし、イライラもしません。

免疫力アップ

しっかり眠ることで疲労回復に繋がります。

肥満から起こる糖尿病や、ストレスなどからくるうつ病など防ぐことができます。

ハリのあるツヤ肌GET

質の高い眠りをとることでホルモンが分泌され満腹中枢が刺激されるため、やせやすい体になっていきます。

また寝ているときは、成長ホルモンが分泌されるので肌のターンオーバーが促進されきれいな肌質になります。

入浴して心身をリラックスさせましょう

睡眠をとる前にお風呂に入っておやすみモードに切り替えるのが大切です。

バスソルト

バスソルトを入れて、いい香りにつつまれながら心身をリラックスさせましょう。

クナイプのバスソルトのホップ&バレリアンの香りは眠りのハーブといわれているので快眠につながる入浴剤です。

また、浴室を暗くして脳を休息モードにすると疲労回復につながりやすくなります。

 

目元を温める

最近はスマートフォンが普及し続けているので目が疲れている人も多いはずです。

眠る前に目元をあたためることで緊張がほぐれて眠りにつきやすくなります。

こちらはパナソニックの目元エステです。

温感ヒーターで暖めながらリズムタッチとスチームで目元を癒します。

もちろん、蒸しタオルやホットアイマスクなどでもいいと思います。

好きな香りに癒されよう

いい香りにつつまれながら眠ることでイライラや不安などが解消されやすくなります。

こちらはロクシタンのピローミストです。

まくらや布団にシュッとふきかけることで眠りに最適なラベンダーやマンダリンアドの香りを楽しむことができます。

ピローミストでなくても手や首にアロマオイルをつけたり、ボディークリームをぬって香りに癒されるのもありですね。

まくらが大切

質の高い眠りをとるために大切なのがまくらです。

まくらが自分の首の形や高さにあっていなければ快眠できません。

一番いいのはオーダーメイドまくらです。

寝る姿勢に合わせたまくらをつくることで快適に眠ることができます。

タナカふとあんではじぶんまくらというブランドがあり、自分に最適なまくらをつくってくれます。

メンテナンスも無料なので安心です。

横向きに寝る方は抱き枕がおすすめです。

横向きに寝ると肩や腰に負担がかかるので圧迫感を軽減できる抱き枕が最適です。

ロフテーのS型ボディピローはひざのあたりにくぼみがありのせれば体重が分散されて心地いい姿勢をキープできます。

副交感神経が活発になる安眠姿勢を保てるので妊婦さんにもおすすめです。

保湿性が優れたパジャマ

ルームウェアのまま寝ると肩こりや腰痛の原因になります。

汗をしっかり吸い取り、保湿性のあるパジャマで寝ることで快適に眠ることができます。

シルクパジャマは夏は涼しく冬は暖かい年中着られます。

寝汗をかいても吸水性抜群なのでサラサラして快適。

肌触りもよく、シルクにふくまれているタンパク質のアミノ酸には血行促進や美肌効果があるといわれています。

いかがでしたでしょうか?

みなさんも、快適な睡眠をとるためにぜひ使ってみてはいかがでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です