格安simは楽天モバイル一択だろう。おすすめポイントがたくさんある。格安simって?

突然ですが、みなさんは月々のiPhoneやスマホのランニングコストってどれくらいいきますか?

ソフトバンクやドコモにauと呼ばれるいわゆる3大キャリアで契約されている人も多いと思いますが、軽く友人とかに聞いただけでも、月に8,000円〜10,000円とかランニングコストをかけている人って結構います。10年前とか思い出してください。そんなにかけてました?

まあ、それを全部否定する気はありませんが、家にネット環境があるにも関わらずそれって払いすぎだと思いませんか?そこで最近台頭してきたのが格安simと呼ばれる契約形態です。

そもそも格安simってなんなの?

OCNやBIGLOBEなどプロバイダとして有名な企業が、docomoやauなどの携帯キャリアからインターネット・通話の回線を借りて、SIMカードを使ったインターネットや通話のサービスを提供しています(※)。これら企業が提供しているサービスは、携帯キャリアよりも安くインターネットや音声通話機能が利用できるため、「格安SIM」と呼ばれています。

つまり、通信の中身はドコモやauと変わらないのに、契約する窓口が違うってだけです。正確にいえばもっと深くなるのですが、おすすめの格安simってどれなの?って思っているぐらいならそこまで深く知る必要はないでしょう。

格安simには2種類ある「音声通話sim」と「データ通信sim」

一言で格安simといえど2種類のsimがあります。

音声通信simと呼ばれるのが今みなさんがよく使っているiPhoneやスマホのような役割になります。電話番号がついている感じです。データ通信simと呼ばれるのは文字通りデータのみで、通話をすることはできません。

当然音声通信simの方がコストはかかりますが、大きくても1,000円ぐらいの違いしかありませんので、スマホの使用目的に応じて選んであげればよいでしょう。

格安simなら断然楽天モバイルをおすすめしたい


っと話を戻して本題ですが、僕が個人的におすすめしたい格安sim会社はやはり楽天モバイルですね。価格だけで見ればこれよりも安い格安simもありますが、楽天での買い物のポイントが2倍になったり、データ通信量がちょっと多かったり、希望によってはスマホ本体も一緒に購入してしまうことができたり、サポートがしっかりしてたり….。

格安simってよくわからないけど、とりあえず格安simにしたいわ。っというぐらいの感覚の人におすすめです。

僕も親が三大キャリアのスマホを使っていますが、ランニングコストがとにかく高いので、次回の更新時にはこの楽天モバイルをおすすめしようと思っています。

かけ放題(5分以内)とデータ通信1MBがついて1980円(1年目)

楽天モバイルのスペックです。

通話通信simでもかけ放題が5分ついてきますし、データ通信量も1MBもついてきます。通信量が少なく感じるかもしれませんが、家にワイファイがある方ならそこまでストレスになることはないでしょう。

そもそもソフトバンクやドコモにauなどの三大キャリアを使うのは家に固定回線を引いてない人です。

すでにドコモなどで契約している機種をそのまま使える

今キャリア契約しているiPhoneやスマホをそのまま楽天モバイルのデータ通信で使うことももちろんできます。ドコモやソフトバンクにauは、半年経てばsimロックを解除することができるようになりましたしね。

まあ詳しくはこちら→ 楽天モバイル エントリーとお申込で、ご契約中楽天市場でのポイントが、ずーっと2倍!

もし事前にsimフリーの端末を準備しておきたい!という方はこちらで準備を→simフリーのスマホをチェックしてみる

今はスマホもここまで安い金額で買えるようになりました。このsimフリーの機種があれば(ってかiPhoneやスマホ持ってればいける)、楽天モバイルいけますよ!ぜひ検討してみては!?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です