モバイルバッテリーのおすすめメーカー紹介!人気のアンカー・パナソニック・cheeroなど

ポケモンGOの影響もあって、今モバイルバッテリーが売れまくっています。

私たちは今スマートフォンをはじめ、タブレットやPC、ポケットWi-Fiなど持ち歩く機器が多くなりました。

そのため、バッテリーは今や必須アイテムとなっています。

そこで今回は今おすすめのモバイルバッテリーや、失敗しないモバイルバッテリーの選び方をご紹介します。

モバイルバッテリーの選び方

機種や自分のシーンに合った容量を選ぼう。

モバイルバッテリーには3000mAhや5000mAhなど放電容量が書いてあります。

見方としては、3000mAhなら、1時間に3000mAの電気が放電されると見る。

なので数値が大きければ大きいほど、バッテリーできる時間が長くなり、充電できる台数も多くなります。

iPhoneなら3000mAh、アンドロイドなら5000mAhがベスト。

PCやポケットWi-Fiなど他の機器も充電するなら10000mAhがいいでしょう。

軽量でコンパクト

モバイルバッテリーのトレンドは軽量でコンパクトなもの。

昔は重ためなバッテリーが多かったですが、今は小さくて軽量のものが多いです。

持ち歩きやすく負担にならないのでとっても便利です。

放電容量が大きいほど重くなりますが、10000mAhでも200〜300g程度です。

 

モバイルバッテリーのおすすめメーカー

モバイルバッテリー「Anker」

31AUwc4wEvL._SX425_

価格:2,599円(アマゾンセール中)

アンカーのモバイルバッテリーはアマゾンで売れ筋No.1商品です。

10000mAhと大容量ながら世界最小&軽量なんです。

259 gなので荷物の負担になりません。

外観は傷つきにくく、汚れにくい素材をつかっているので綺麗に使えそう。

アマゾンカスタマーのレビューを確認しましたが、評価が高く満足の声が多かったです。

モバイルバッテリー「パナソニック」

71BiWQQRnLL._SL1500_

価格:4,500円

パナソニックのモバイルバッテリーはコンセントと内臓バッテリーが合体しています。

なので、屋内ではコンセントにさしながら充電、外出では内臓バッテリーから充電できます。

コンセントにさせば、モバイルバッテリーよりも、スマホの充電を優先してくれるんだとか。

これなら一台でスマホも、バッテリーも充電できるのでコンセントひとつで済む。

出張や旅行などにとても便利なアイテムです。

モバイルバッテリー「cheero」

81NwNgCrYIL._SL1500_

価格:1,480円(アマゾン価格)

Ankerと並ぶほど、モバイルバッテリーでは人気のメーカーcheeroです。

こちらはスタイリッシュで手になじみやすいデザインのモバイルバッテリーです。

コンパクトなのに5200mAhという大容量でiPhone6sを2回充電することができます。

パナソニック製の電池を搭載しているので高品質で安心です。

モバイルバッテリー「ダンボー」

512IiARDTvL._SL1000_

価格:3,650円

よつばと!の人気キャラクターダンボーとcheeroのコラボモバイルバッテリーです。

モバイルバッテリー自体がダンボーの顔になっていてとっても可愛いです。

コンパクトで10030mAhという大容量なのでしっかり充電できます。

デバイスを接続すると自動で認識してくれるAUTO-IC機能がさはいっているのでデバイスに合わせて電流を流してくれます。

ダンボー好きにはたまらないアイテムです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です