下駄箱の臭い対策に役立つ便利グッズ!嫌なニオイの原因や対策紹介!

家の顔である玄関。

せっかく綺麗な玄関なのに下駄箱を開けたらぷーんと嫌な臭いが漂うと残念ですよね。

下駄箱は自分たちが日頃履いている靴をしまう場所なのでどうしても臭いがこもってしまいます。

お客様を迎える大切な場所なので清潔にしておきたいものです。

そこで今回は下駄箱の臭い対策と便利グッズをご紹介します。

下駄箱の臭いの原因

下駄箱の臭いの原因は『雑菌』です。

実は靴の中は汗・垢・角質など雑菌にとって大好物なものばかり。

湿気がたまりやすいので雑菌にとって居心地がいい場所なのです。

そんな靴をたくさん収納して扉をすれば当然臭いがこもってしまうので臭くなってしまいます。

対策としては、除湿除菌がポイントになります。

下駄箱の臭い対策

下駄箱を掃除する

まずは靴を全て取り出し下駄箱の掃除をしましょう。

下駄箱の中は砂やホコリなどがたくさんあるので掃除機や雑巾を使って取り除きしっかりと乾かしましょう。

この時アルコールでふき取ると除菌もできて清潔になります。

アルコールならダントツでパストリーゼがおすすめ。

強力な除菌力なので清潔な状態が持続します。

備長炭シートを敷く

新聞紙でもいいですが、徹底的に消臭したい方は備長炭シートが良いでしょう。

ご存知の方も多いと思いますが、炭は消臭効果抜群。

この備長炭シートは嫌なニオイを取り除くだけではなく抗菌・防虫・調湿効果も発揮してくれます。

下駄箱のサイズに合わせてカットできるので便利。

嫌なニオイには重曹がおすすめ

下駄箱の消臭を格安で済ませるなら重曹がおすすめです。

重曹はお掃除などに使用されますが、実は消臭・吸湿効果があるのでゴミ箱のニオイ消しや下駄箱の消臭に向いています。

天然素材なので人体に害がないのも嬉しいポイント。

靴下やお茶のパックなどにいれておいておくだけでOK。

重曹は時間が経つと固まってくるので2〜3ヶ月で効果しましょう。

そのまま捨てるのはもったいないので掃除に使ったりシンクやコンロを磨くのにおすすめ。

私は掃除でよく重曹を使うので5kg1000円ぐらいでまとめ買いしています。

定期的に換気させる

下駄箱は閉めっぱなしだと湿気がこもってしまうので定期的に換気させましょう。

玄関をよく利用する時間帯よりも、夜などの出入りが少ない時間帯に換気するのがおすすめ。

靴は乾かしてからしまう

帰ってきて雨や汗などで湿った靴をそのまま下駄箱にしまってはいませんか?

そのまましまうとニオイの原因の雑菌が繁殖してしまいます。

湿った靴は玄関先やベランダなどで乾かしてからしまうようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です