ズートピアのDVDをレンタルで借りてきた!これ大人向けの話じゃない?!

こんにちは。

今年の春公開されて話題となったズートピアのDVDがレンタルで借りれるようになっていたので借りてみました。

レンタルされるのってこんな早かったっけ!?

ズートピアは結構大人向けのお話だなと思ったのでレビューを書いていこうと思います。

ズートピアのあらすじ

警察官になる夢を叶えたウサギのジュディ・ホップスが肉食動物と草食動物が共存する街ズートピアに配属される。

そこで、ひょんなことから夢を諦めひねくれてしまった詐欺師 キツネのニック・ワイルドと出会う。

ジュディとニックはズートピアで問題になっている連続行方不明事件を解決するためにタッグを組むことになる。

解決に向かって行けば行くほど、二人の関係性や心情が変わっていったりします。

 

ズートピアの感想

まず、映像がめちゃくちゃ綺麗。さすがピクサーだなと思いました。

ベイマックスの時もそうだったけど、本当にズートピアという街がこの地球上のどこかにあるような感じで事細かに描かれていました。

夢は絶対叶うと信じて小さな草食系動物ながらも努力して警察官になったジュディはすごくかっこいいと思いました。

配属されて大きな事件ではなく、駐禁の取り締まりを任せられた時は「弱いものいじめあるあるだ」と思っていましたが、負けじと自分で目標を決めて頑張るジュディの姿に胸を打たれました。

正義感があって真面目なのはいいけれど、ジュディは知らずに見た目を気にしたり、固定概念があったり、外ばかりを気にして知らずに誰かを傷つけている節があったので自分もそうしてはいないかと考えさせられる部分もありました。

キツネのニックに関しては、幼い頃憧れのボーイスカウト?に入ろうとした時肉食動物だからといって草食動物に信頼されず口輪をつけられるという悲しい過去がありました。

そのシーンはとても胸を打たれました。そりゃひねくれるわ。

でもニックはとても賢く、相手の本質をちゃんと見ようとしています。何度も傷ついているからこそそういう見方ができるのかなと思いました。

ニックは賢くて、気持ちよくジュディを守るから惚れましたね(笑)

お願いだからあの二人はいつか結婚してくれーと思ってしまいましたw

 

映画の序盤で気づきましたが、これは子供というよりも大人が見る映画な気がします。

「ズートピアを人間の世界に置き換えて考えてみなよ」と言われている気がしました。

人を見た目で判断していないか?その人の中身をもっと見るべきなのでは?固定概念にとらわれちゃだめだよ。と伝えたかったのかな。

 

そして、ナマケモノさんがいいキャラしていて最後のシーンはおもわず吹いてしまいました。

上戸彩とサバンナ高橋の声優よかった!

今回上戸彩がジュディ、サバンナ高橋がベンジャミン・クロウハウザの声優を担当していました。

予想外に上手でよかった!特にサバンナ高橋ははまり役だったと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です