キャンプで快眠できるおすすめ寝袋(シュラフ)まとめ!選び方やおすすめのコールマン・モンベル紹介

キャンプで寝るとき重要なのが寝袋。

これがなければ快適に眠ることができません。

でも寝袋にもたくさん種類があるしひとそれぞれ寝るときの癖や格好などが違うのでできれば自分にあった寝袋を選びたいもの。

そこで今回はおすすめの寝袋をご紹介したいと思います。

寝袋(シュラフ)の選び方

寝袋にも種類があり選び方を間違えると快適に眠れず、過酷なキャンプになってしまうのでちゃんと選びましょう。

まず寝袋には大きく分けて2種類あります。

マミー型

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

寝袋といえばこのミノムシ型を想像する方が多いのではないでしょうか。
マミー型の寝袋は体全体を包み込み密着性があるのでかなり暖かいです。
ただ動きにくいので寝相が悪いひとにはちょっとねにくいかもしれません。
なので寒い季節にはマミー型を選ぶひとが多いです。
また、折りたたみやすくコンパクトになるので持ち運びには便利です。

レクタングラー・封筒型

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

こちらは封筒型の寝袋になります。皆さんが普段寝ているお布団で寝ているような寝心地。
ゆったりしているので動きやすいです。ただ密着度はマミー型よりも劣るので寒い季節には不向き。
夏のキャンプには向いています。また、布団だけではなくひざ掛けや下に敷くクッション代わりにもなるので万能です。

耐久温度(快適温度)に注目

シュラフを選ぶときのポイントは温度です。

それぞれに耐久温度または快適温度というものがあるのでどれぐらいの気温に耐えれるものなのかがわかります。

水辺の近くや山奥などは寒いのでこの適さない寝袋を選んでしまうと寒いだけです。

記載されている温度に+5℃のものを選ぶと快適に夜を過ごせるといわれています。

おすすめの寝袋

寝袋 コールマン

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
税込9,158円
快適温度:5℃以上

柄がとってもかわいい寝袋ですよね。
こちらのコールマンの寝袋は分割もできる寝袋です。
ファミリーで寝るときは合わせて使えるし、一人で寝るときは分割して支えます。
車中泊のときに後ろに敷いて寝ることも可能です。

寝袋 モンベル

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

税込29,700円
リミット温度:-2℃
コンフォート温度:3℃

モンベルの寝袋はマミー型で軽くてとても暖かい寝袋です。
伸縮性が高いのでマミー型でも快適に眠ることができます。
夏の高山から冬の低山キャンプまで使えると記載されているのでオールシーズン使うには良い寝袋です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です