旅行時使える快適ネックピロー!車や飛行機で爆睡できるおすすめ旅行枕はこれ

車や飛行機で長旅しているときに、眠くなってしまい座席で座ったまま眠ってしまい起きたら首が寝違えて痛くなっていることありませんか?

私は、呼吸がしづらくて車で寝ると上を向いて口がぱっかーんと開いていることがほとんどです。

そんなとき、あると便利なのがネックピローです。

首をしっかり支えてくれるので負担がかからず快適に眠ることができます。

そこで今回はおすすめのネックピローをご紹介します。

ネックピローの選び方

全てのネックピローがいいものかといったらそうではありません。

人によって合う枕と合わない枕があります。

ネックピローを選ぶポイントは頭をしっかり固定して支えて、硬すぎず血行の流れを止めないものが良いといわれています。

また、クッション式と膨らます空気式があります。

クッション式は、素材感がよく体の圧力を分散しやすいですが、持ち歩きに不便。

対して空気式は、持ち歩く際は空気を抜けるのでコンパクトにできてバッグに入れても邪魔にならず安価なのがメリット。しかし、空気圧が変化するので使っているうちに固さが変わってきてしまいます。

こういったポイントをふまえながら自分にあったネックピローを選んでみましょう。

EagleCreekのネックピロー

持ち歩きに便利な空気式のネックピローです。

収納可能な袋もついています。

サイドに高品質なバルブがついているので空気が出し入れしやすくなっています。

柔らかいクッションでマイクロフリース素材なので気持ちがいいです。

レビューでは「軽くてコンパクト」「ぐっすりねれた」などの高評価でした。

enkeeoのネックピロー


アイマスクがついたネックピローです。

この2つがあれば安心して眠ることができますよね。

こちらのネックピローは首の裏側が山になっているのでしっかりと支えてくれます。

生地は肌触りの良いビロードで洗うこともできます。

口を使わなくても握って空気を膨らますことができるので簡単。

衛生的で使いやすいと評判の良いアイテムです。

テンピュール ネックピロー

テンピュールのネックピローはクッション式。

少しお高めではありますが、快適さは群を抜いて優れています。

体圧が分散されるので血行を妨げず体調不良も起こしにくいです。

肌触りもよく吸湿性があるので快適。

持ち運びにくいですが、持って行く価値はあると思います。

MOGUのネックピロー

パウダービーズのネックピローです。

ふんわりと気持ちがよく、綿とはまた違った快適さがあります。

首以外にも腰や背中にも敷くことができ体に負担をかけません。

先端には紐がついているので寝てる間にずれにくくしてくれます。

ただ、カバーが取り外せることはできず手洗いになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です