ためしてガッテン使えるスゴ技6連発!ニンニクの匂い消し・無痛ハイヒール・ゆでないパスタなど

ためしガッテン宛に、一般の方から便利技がたくさん届いたそうです。

その中から6つ便利な技を紹介していました。

記録しておきます。

手に付いたニンニクの匂いを消す技

ニンニクを切った手をこすらずに、手にさらすだけで匂いがとれる技。

実際にこすった方と流すだけの方を比べて実験してみたところ、流すだけのほうが匂いがとれました。

ごしごしこすってしまうと、しわの間に匂い成分が入ってしまうため匂いが消えなくなってしまうんだとか。

白菜が新野菜になる技

ためしてガッテンでは、しなしなになったレタスを50℃のお湯に2分間つけるだけでシャキシャキに復活する技を紹介していました。

これをすれば1週間〜2週間はシャキシャキのままなんだとか。

これの応用編で白菜をシャキシャキさせる技が番組宛に届いたそうです。

白菜でも同じようにやってみたところ、シャキシャキ感がアップし新鮮さもアップしたんだとか。

そして、お湯につけることで、白い白菜が葉っぱが緑になるそうです。

程よい苦味が増えて、味も濃くなるんだとか。

漬物や味噌汁にするととても美味しいそうですよ。

さらにすごいのが、ビタミンKもアップします。

ビタミンKとはカルシウムが骨に沈着するのを助ける役割をしてくれます。骨粗鬆症予防も期待できるんだとか。

中心部だけ残して水につけておくことで緑の葉っぱが生えてきてちょっとした料理に使えるらしいですよ!

ただ、緑色になることで、糖度は減り甘みがなくなります。

白菜のまま食べたい方は、50℃のお湯につけて冷蔵庫へ。

緑菜として食べたい方は、50℃のお湯につけてそのまま放置するのがいいそうです。

無痛ハイヒールの技

最近ハイヒールによる足の病気が増えているそうです。

例えば、モートン病という高いヒールを長時間履くことで指の付け根が圧迫され、神経のコブができる病気。

わたしもできたことがありますが、かなり痛いです。

そんな悩みを解消できる技があるんです。

それは100円ショップでも購入できる耐震マットをハイヒールの内側に貼り付けるだけという技。

耐震マットは靴の中でストッパーになりつま先にかかる負担を軽減してくれます。

実際に耐震マットをつけたヒールで履いた方は足の痛みが治ったそうです。

靴専用も売っていますが、ちょっとお高いので耐震マットのほうがお得です。

納豆がふわふわになる技

納豆にフルーツ酢を入れて混ぜるだけで、フワッフワな泡立ちになります。

酢にふくまれる成分のおかげでふわふわになるんだとか。

臭みもけしてくれるのでさっぱりとたべやすくなります。

室内でスロージョギングするだけで健康になる技

ゆっくり歩くぐらいのジョギングをするだけで体重がへったり、コレステロール値が減る技があります。

ゆっくり走ることで、乳酸がたまらず運動を長く続けられるのでエネルギー消費量がアップ、コレステロールや血糖値の改善、脂肪燃焼効果、高血圧の予防にもなります。

 

これはためしてガッテンで紹介されたものです。

しかし、この紹介したとき伝え忘れていた大事なことがあったそうです。

それは

かかとをあげつま先をあげて走ることでふくらはぎがきたわるということ。

ふくらはぎの筋肉を鍛えることで健康になります。

それはふくらはぎが第二の心臓とよばれているからです。

ふくらはぎがきたわることで血流がよくなり一酸化窒素がうまれ血流を柔らかくする働きがあり動脈硬化を防いでくれます。

 

番組では室内でかかとをあげながら踊るおじいちゃんが健康だと伝えられていました。

かかとをあげて踊ることと、かかとをあげてジョギングすることは鍛える筋肉が一緒なので室内で運動するならかかとをあげて踊ってみましょう!

踊るのが面倒くさいという方は、つま先立ちができるスリッパを履いて室内を歩くといいでしょう!

 

超時短の1分ゆでパスタ技

乾麺をジップパックにいれ水をいれて2時間浸しておいて、1分茹でることでやわらかくもちもちしたパスタに変身するという技。

わたしもやってみましたが、もちもちで美味しいんです。

でもこれは、ガッテンでお伝えした技。

 

今度はゆでないパスタ→焼きパスタです!

作り方は簡単です。

【焼きパスタレシピ】

熱したフライパンに乾麺をいれて、オリーブオイルを大さじ1いれます。

焦げ目がついたら水を少しいれてコンソメは小さじ1.5いれます。

500mlの水を10数回にわけていれていき、味付けして完成です。

 

焼きパスタは調理時間が17分ぐらいかかるのがデメリットです。

少し手間はかかるけど、麺を育てているような感覚があるんだとか。

実際に、焼きパスタという調理法はパスタの本場イタリアでもあります。

 

 

新食感なので一度ためしてみるといいかもですね!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です