防災時に持っておくことをおすすめする懐中電灯、ソーラーとか手回しとか

最近は豪雨に北海道での地震と災害が多く報道されています。

そしていざ災害に合った時に何よりも役にたつのが「防災グッズ」です。

北海道地震の時もそうですが、電気や水道などの普段当たり前のように使っているライフラインが途切れてしまうと、どうやって生活したらいいかわからなくなってしまいますし、その停電の状態で夜を迎えると真っ暗ですからとても大変だそうです。

そのために用意しておきたいのが「懐中電灯やランタン」とても便利なのでいざという時のために備えておきましょう!

懐中電灯やランタンは低価格で購入できる

防災としておすすめの懐中電灯

防災用の懐中電灯として人気なのがこちらの多機能防災ラジオです。

これとても便利で

  • ラジオが聞ける
  • LEDライトで明るい
  • ラジオが聞ける

っと三拍子揃ってます。

え?情報なんてテレビで見ればいいじゃん!って思うかもしれませんが、災害時はテレビもまともに見れない状態になっているかもしれないので、ラジオでの情報収集がポイントになります。

手回し発電で電池やコンセントも必要もなく、これだけの機能がついて3,000円前後なのでおすすめです!いざという時のために準備しておきましょう。

防災時に使える!手回しタイプの懐中電灯

上でも手回し発電の懐中電灯を紹介しましたが、こちらはさらにiPhoneやスマホなどの充電ポートがついているタイプです。これ災害時にめちゃ便利です。

災害時に情報収集アイテムとして便利なのが「ネット」なんですが、iPhoneやスマホを持っていたとしてもそれを充電できる設備がないので、 基本的には充電が足らなくなります。コンセントが使えないんですから。

でもこの充電ポートがついた手回し懐中電灯なら明るさを確保できるうえに簡易的にiPhoneやスマホを充電することができるので、家族や友人と連絡をとるのはもちろん情報の収集にも役立ちます。

電池不要のソーラー発電の懐中電灯も防災時におすすめ

こちらはランタンタイプの懐中電灯です。

懐中電灯はあくまでも手持ちなので周り全体を照らすためにはどこかに吊るしたり、手で持ってないといけないんですが、ランタンタイプであれば地面に直置きして周りを照らしてくれるので、多くの人と共有して使う場合に便利です。

アウトドア用として使うこともでき、最近流行りのキャンプのお供としてもおすすめです。ソーラー発電なので手回しでクルクルしなくて良いです。太陽の力を借りて発電しちゃいましょう!

かなり売れてる商品なので売り切れてしまう前にゲットしておきましょう!

USB充電できるペンライトタイプもあります

さらに突き詰めるとこんな感じのペンライトもあります。

一応災害時にも使えますが、おしゃれな感じのデザインで小さいので日頃から携帯できるというメリットがあります。普段使うバックに入れておけばいざという時にさっと取り出して使うことができるおすすめのアイテムです。

ペンライトといえど結構明るいので、暗いところでもまあまあ使えます。日頃の防犯用アイテム(暗いところを通る時に照らしたり)として使うのも全然アリなやつです。

価格も2,000円前後と割とリーズナブルですよ^^

っということでいざという時のためにぜひ準備しておきましょう。ランタンとか懐中電灯はアウトドアでも使えますから普段使いとしても使えます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です